FC2ブログ

源氏物語 若紫、小柴垣のもと

小柴垣のもと
 源氏物語の、『若紫』の帖の『小柴垣のもと』について話します。この絵の、左の女の子が若紫、右の女の子が犬君(いぬき)です。若紫は、雀を伏籠の中で飼っていたのですが、犬君が逃がしてしまい、悔しがって泣いている所です。若紫の、初登場の話です。若紫は、可愛くて、いいですね。微笑ましい話でいいと思います。若紫、後の紫の上は、重要キャラクターとして、物語を通じて登場します。私は、この頃が、紫の上(若紫)の一番輝いた時期だったんじゃないかと思います。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。以下、源氏物語、若紫の帖、小柴垣のもとの原文を載せます。

 人なくて、つれづれなれば、夕暮のいたう霞みたるに紛れて、かの小柴垣のほどに立ち出でたまふ。人びとは帰したまひて、惟光朝臣と覗きたまへば、ただこの西面にしも、仏据ゑたてまつりて行ふ、尼なりけり。簾すこし上げて、花たてまつるめり。中の柱に寄りゐて、脇息の上に経を置きて、いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。四十余ばかりにて、いと白うあてに、痩せたれど、つらつきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかなと、あはれに見たまふ。
 清げなる大人二人ばかり、さては童女ぞ出で入り遊ぶ。中に十ばかりやあらむと見えて、白き衣、山吹などの萎えたる着て、走り来たる女子、あまた見えつる子どもに似るべうもあらず、いみじく生ひさき見えて、うつくしげなる容貌なり。髪は扇を広げたるやうにゆらゆらとして、顔はいと赤くすりなして立てり。
 「何ごとぞや。童女と腹立ちたまへるか」
 とて、尼君の見上げたるに、すこしおぼえたるところあれば、「子なめり」と見たまふ。
 「雀の子を犬君が逃がしつる。伏籠のうちに籠めたりつるものを」
 とて、いと口惜しと思へり。このゐたる大人、
 「例の、心なしの、かかるわざをして、さいなまるるこそ、いと心づきなけれ。いづ方へかまかりぬる。いとをかしう、やうやうなりつるものを。烏などもこそ見つくれ」
 とて、立ちて行く。髪ゆるるかにいと長く、めやすき人なめり。少納言の乳母とこそ人言ふめるは、この子の後見なるべし。
 尼君、
 「いで、あな幼や。言ふかひなうものしたまふかな。おのが、かく、今日明日におぼゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひたまふほどよ。罪得ることぞと、常に聞こゆるを、心憂く」とて、「こちや」と言へば、ついゐたり。
 つらつきいとらうたげにて、眉のわたりうちけぶり、いはけなくかいやりたる額つき、髪ざし、いみじううつくし。「ねびゆかむさまゆかしき人かな」と、目とまりたまふ。さるは、「限りなう心を尽くしきこゆる人に、いとよう似たてまつれるが、まもらるるなりけり」と、思ふにも涙ぞ落つる。
 尼君、髪をかき撫でつつ、
 「梳ることをうるさがりたまへど、をかしの御髪や。いとはかなうものしたまふこそ、あはれにうしろめたけれ。かばかりになれば、いとかからぬ人もあるものを。故姫君は、十ばかりにて殿に後れたまひしほど、いみじうものは思ひ知りたまへりしぞかし。ただ今、おのれ見捨てたてまつらば、いかで世におはせむとすらむ」
 とて、いみじく泣くを見たまふも、すずろに悲し。幼心地にも、さすがにうちまもりて、伏目になりてうつぶしたるに、こぼれかかりたる髪、つやつやとめでたう見ゆ。
 「生ひ立たむありかも知らぬ若草を
  おくらす露ぞ消えむそらなき」
 またゐたる大人、「げに」と、うち泣きて、
 「初草の生ひ行く末も知らぬまに
  いかでか露の消えむとすらむ」
 と聞こゆるほどに、僧都、あなたより来て、
 「こなたはあらはにやはべらむ。今日しも、端におはしましけるかな。この上の聖の方に、源氏の中将の瘧病まじなひにものしたまひけるを、ただ今なむ、聞きつけはべる。いみじう忍びたまひければ、知りはべらで、ここにはべりながら、御とぶらひにもまでざりける」とのたまへば、
 「あないみじや。いとあやしきさまを、人や見つらむ」とて、簾下ろしつ。
 「この世に、ののしりたまふ光る源氏、かかるついでに見たてまつりたまはむや。世を捨てたる法師の心地にも、いみじう世の憂へ忘れ、齢延ぶる人の御ありさまなり。いで、御消息聞こえむ」
 とて、立つ音すれば、帰りたまひぬ。
 「あはれなる人を見つるかな。かかれば、この好き者どもは、かかる歩きをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり。たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよ」と、をかしう思す。「さても、いとうつくしかりつる児かな。何人ならむ。かの人の御代はりに、明け暮れの慰めにも見ばや」と思ふ心、深うつきぬ。
 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)