FC2ブログ

姨捨山の話をします。

大和物語、姨捨_
 今回は、大和物語、百五十六段、姨捨の話をします。よろしくお願いします。まず、粗筋を言っていきます。信濃の更級に、若い夫婦と伯母(親の姉)が住んでいました。親は、すでに亡くなっていて、伯母を親のように世話をしていました。妻は、腰がひどく曲がった(絵は、そのように描いてませんが)姑を憎んでいて、夫に姑の事を悪く言い、山に捨て来るよう責めたてます。しかたがなく、夜、夫は、伯母に寺で尊い法会があるからと嘘を言い、伯母を背負って連れ出します。夫は、山の頂上に伯母を下ろして逃げます。伯母は、「これこれ」と甥を呼び止めるのですが、甥は答えず家に戻ってきます。男は、山の上の月が照り輝くのを見て悲しくなり、寝る事も出来ません。男が詠んだ歌
わが心なぐさめかねつさらしなやをばすて山に照る月を見て
(わたくしの心を慰めることはできないのだ。更科のおば捨て山に照る月を見ていると)
男は、また山に登り伯母を伯母を連れ戻ります。それから後、この山を姨捨山と言う様になりました。「慰めがたい」時、姨捨を引用するのは、この出来事からです。粗筋は、以上です。ここからは、私の読んだ感想を言っていきます。
 私は、とても感動する話だと思います。男は、伯母を山に置いて逃げてきた後、悲しみに暮れますが、とても悲愴であり、素晴らしいと思います。男は、月を見て、伯母も同じ月見てるのだろうか、そんな事を考えていたのだと思います。
 姨捨伝説は、複数存在しますが、いずれも伯母を連れ戻っています。世間では、姨捨山は本当に年寄りを捨てる場所だと理解している人が多いですが、伯母を連れ戻す所までが姨捨の話であって大切な所が抜けている気がします。
 源氏物語でも、宇治十帖の宿木で姨捨山が引用されています。それは、中の君が、匂宮の邸に連れてこられていて、自らの境遇を嘆く場面です。それも良いと思います。貴方は、この話を読んでどう思いますか。教えて頂けたら幸いです。
 2017年8月15日から16日に、長野県姨捨に旅行に行きました。ここからは、その時の旅行のレポートを書いていきます。
IMG_0413.jpg
 私は、静岡の富士市に住んでいます。富士~(身延線)~甲府~(中央本線)~塩尻~(篠ノ井線)~姨捨の行程で電車で行きました。
IMG_0414.jpg
 説明するまでもないかもしれませんが、姨捨駅はスイッチバックになっていて、鉄道ファンに人気の駅です。私もここに来る事が出来て、感動しました。
IMG_0416.jpg
 姨捨は、棚田で有名で駅のホームの椅子は、棚田に向いています。
IMG_0459.jpg
 実際に棚田の方に行きました。約1500枚の棚田があります。さすが日本一の棚田と呼ばれるだけあり、素晴らしい景色でした。
IMG_0445.jpg
 この山が、姨捨山です。現在は、冠着山(かむりきやま)と呼ばれています。実際に姨捨山を見てみて、こんな所に、伯母は、置き去りにされたのかと思い感動しました。
IMG_0484.jpg
 再び、姨捨駅に戻ってきました。姨捨駅は、夜景が美しい事でも有名です。姨捨駅は、山の中腹にあり、千曲市、長野市を一望できます。とても、感動する夜景でした。この写真は、長野市の方を撮ったものです。なかなか、写真や文章で、この感動を表現する事は出来ないのですが、いつまでも見ていたい夜景でした。レポートは、以上です。ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)