FC2ブログ

明石の上について話します。

明石の上
 今回は、源氏物語の明石の上について話します。よろしくお願いします。明石の上について説明します。明石の上は、前播磨守(さきのはりまのかみ)の明石の入道の一人娘です。光源氏(以下、源氏と表記)は、右大臣の娘、朧月夜と、密かに男女の関係を続けていましたが、ある日、その事が、右大臣と弘徽殿女御、大后に露見してしまいます。源氏は、これを機に、自ら須磨で謹慎する事を決めました。源氏は、須磨から明石に行き、そこで明石の君と出会い、結婚して、明石の君は明石の上になります。明石の上は、娘、明石の姫君を出産します。明石の姫君は、天皇の妻になります。粗筋は、ここまでです。
 ここから、私が、明石の上について思う事を述べていきます。明石の上は、とても大人しくて、控え目でいいと思います。また、明石の上の特長として、達筆である事、琴、琵琶の演奏が非常に上手である事が挙げられます。明石の上は、何でも人並み以上にこなします。それがいいと思います。
 明石の上は、源氏との子、明石の姫君を出産しました。明石の上は、自分の娘である明石の姫君と、ほとんど話もしなかったですし、躾にも参加しなかったし、育児も参加しませんでした。それは、なぜかと言うと、明石の上の娘の明石の姫君を、後の天皇の妻にする為には、明石の上では非常に身分が低いと言う事で、でしたら皇族である紫の上に、明石の姫君を育てさせた方が、姫君の出世の為にはいいと源氏は思って、その事に対して、明石の上は同意をする訳なんですよ。明石の上は、娘の出世の為、さらには源氏の出世の為に、自分と自分の娘である明石の姫君との絆を犠牲にした訳なんですね。私は、それが明石の上の魅力だと思います。
 私は、最初に源氏物語を読んだ時、明石の上は、源氏からも大切にされて、その上、自分の娘が天皇の妻になったので、一点の不満もない非常に幸せな人物であると言う解釈をしていました。だから、私は、明石の上に対して、あまり魅力を感じていませんでした。私は、明石の上が自分の娘との絆を犠牲にして耐え忍んでいる事に全く気付いていませんでした。明石の上は、源氏に対して不満を言う事がないので、私は気付かなかった訳です。私が、その事に気付いたのは、源氏物語の人物の中で明石の上が一番好きだと言う方に、その事を教えてもらったからです。私は、今まで、あまり魅力を感じていなかった明石の上が、途端に魅力的に感じる様になりました。
 貴方は、明石の上について、どの様に思っていますか。良ければ、教えて頂けたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)