FC2ブログ

葵祭に行ってきました。

 2018年5月15日に、上賀茂神社、下鴨神社で行われた、葵祭に行ってきました。その時に撮った写真を紹介していきます。よろしくお願いします。
葵祭
 この絵は、源氏物語の、『葵』の帖で葵祭の見物のシーンを絵で描きました。左下の女性が六条御息所で、右上の女性が葵の上です。まず、源氏物語の『葵』の帖、葵祭の車争いの部分を示します。(くの字点は、「/\」としました。)

(葵の上一行の車は、)日たけ行きて、儀式も、わざとならぬさまにていで給へり。隙もなう、たちわたりたるに、よそほしうひき続きて、立ちわづらふ。よき女房車多くて、雑/\の人なき隙を思ひさだめて、みな、さしのけさする中に、網代の、少しなれたるが、下簾のさまなど、よしばめるに、いたう引き入れて、ほのかなる袖口、裳の裾・汗衫など、ものゝ色、いと清らにて、殊更に、やつれたるけはひ、著(しる)く見ゆる車二つあり。
「これは、更にさやうに、さしのけなどすべき御車にもあらず」
と、口ごはくて、手触れさせず。いづかたにも、若きものども、醉(ゑ)ひ過ぎ、たち騒ぎたるほどの事は、え、したゝめあへず。おとな/\しき御前の人/\は、
「かく、な」
などいへど、えとゞめあへず。斎宮の御母御息所、「物思し乱るゝ慰めにもや」と、忍びていで給へるなりけり。つれなしづくれど、おのづから、見知りぬ。
「さばかりにては、さな言はせそ。大将殿(源氏)をぞ、豪家には思ひ聞ゆらむ」
などいふ。その御方の人も、まじれゝば、「いとほし」と見ながら、用意せむもわづらはしければ、知らず顔をつぐる。いひに、御車ども立て続けつけば、人だまひの奥に、おしやられて、物も見えず。心やましきをば、さるものにて、かゝるやつれを、それと知られぬるが、いみじく妬き事、限りなし。

(現代語訳)
日が高くなってから、作法もわざとらしくならない様に、お出かけになった。(一条の大路に物見車が)隙間もなくに立ち並んでいるので、(葵の上の一行は、)装い美しく車を連ねたまま、立ち往生していた。すでに立派な女房車がたくさん出ているので、その中で、お供の下人たちのいないあたりに思い定め、その辺りの他の車を皆立ちのかせようとする中に、少し古びた網代車の、下簾の様子などもいかにも由緒ありげで、(主人(ここでは六条の御息所)は、)車のずっと奥に身をひそめて、下簾からほのかにのぞいている(女房の)袖口や裳の裾、(女童の)汗衫などの色合いも上品に清楚で、つとめて人目をさけたお忍びの様子がありありとうかがえる車が二つあった。(その車の従者が)
「これは、さらにそんな風に押しのけられるべきお車ではないぞ」
と、強く言い張って、車に手も触れさせない。どちらの側でも、お供の若者たちが(祝い酒に)酔いすぎていて、騒ぎ立てている事には、(誰も)したためる事が出来ない。年嵩の前駆の者たちは、
「そんなことをするな」
など、言ってはいるが、とても、止(と)める事が出来ない。斎宮の御母(六条の)御息所が「(源氏が訪れず)物思いに悩み乱れる(心も憂さの)慰めにも」と、お忍びでお出かけになられていた。(御息所の方は、身分が知られぬよう)わざとさりげないふうを装っていたが、(皆、)自然と分かってしまうのだった。(葵の上の従者は、)
「その程度のに、つべこべ言わせるな。(源氏の)大将殿の御威光を笠に着ているのだろう」
(葵の上の方には、)その御方(源氏)の供の者もまじっていたが、「お気の毒に」と思いながらも、口出しするのも煩わしいので、知らぬ顔を作っている。とうとう、そこに(葵の上方の)車どもが乗り入れてしまったので、(葵の上方の)女房どもの車の後ろの奥に (六条の御息所の車は)押しやられて、物も見えない。(六条の御息所は、)悔しのはもっともだが、こうしたお忍び姿を、自分だと見明かされてしまった事が、何とも恨めしくて仕方がなかった。(現代語訳は、ここまです)

 六条御息所の車は、先に葵祭の見物の為に場所取りをしていましたが、後から来た葵の上の車に場所を取られてしまいます。六条御息所は、悔しがっていますが、葵の上は、どう思ったか書かれていないので私の想像で描きました。葵の上は、恐らく従者が勝手な事をして青ざめていたのではないでしょうか。葵の上は、この後、どうなってしまったのか…、それは、書くのは辞めときましょう。(もちろん、これが直接的な原因とは、考えてはいませんが…。)
 葵祭の説明ですが、行列に参加する全ての人が、葵の葉を身に付けている事から、葵祭と呼ばれています。古代、単に祭りと言えば、この葵祭を指します。この辺の説明は、このブログを読んでいる人には全く必要ないですね。葵祭は、上賀茂神社、下鴨神社の例大祭で、今も続いています。未婚の皇女が賀茂神社に奉仕する斎院の制度は無くなりました。斎院の代わりに、京都にゆかりのある女性が斎王代(さいおうだい)を務めます。ここから、写真を紹介していきます。
IMG_2332.jpg
 この写真は、京都御所で撮ったものです。行列が、京都御所から下鴨神社へ向かう様子です。この男性は、勅使です。在原業平が、伊勢神宮の勅使として同じ格好をしているので、お馴染みだと思います。男性は、基本的に頭に葵の葉を付けています。
IMG_2333.jpg
 牛車です。貴人が乗っています。藤の花で飾られています。私は、初めて牛車を見ましたが、想像以上に大きく、ギイギイ車輪の軋(きし)む音が鳴り響いていて、迫力があり感動しました。
IMG_2350.jpg
 この祭りの中心である斎王代です。手車に乗っています。斎王代以外の女性は、略式の袿を着ていますが、斎王代だけは、十二単を着ています。なかなか、実際に十二単を見る機会は、ほとんどないと思います。私は、実際に見れて、かなり感動しました。IMG_2354.jpg
 斎王代の前後には、多くの女官、女童が付いて従います。女性は、基本的に胸に葵の葉を付けます。
IMG_2369.jpg
 京都御所から下鴨神社社へは、一般道を移動します。沿道では、大勢の観光客が写真を撮っていました。
IMG_2383.jpg
 下鴨神社に着きました。検非違使が警護する中で、神事が行われています。写真の紹介は、ここまでです。私は、上賀茂神社まで行く事が出来ませんでしたが、初めて葵祭を見る事が出来て良かったです。葵祭は京都で今も続く最も古い『祭』なので、私は実際に見る事が出来て凄く感動しました。行って良かったと思います。ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。
スポンサーサイト