FC2ブログ

大伯皇女について話します。

大伯皇女
 今回は、大伯皇女(おおくのひめみこ)について話していきます。よろしくお願いします。大伯皇女について説明します。大伯皇女は、天武天皇と大田皇女(おおたのひめみこ)との間に生まれた皇女です。大津皇子(おおつのみこ)は、大伯皇女の実の弟です。天武天皇と讚良皇女(さららのひめみこ、後の持統天皇)の間に生まれた皇子が、草壁皇子(くさかべのみこ)です。讚良皇女は、天智天皇と遠智娘(おちのいらつめ)の間に生まれた皇女です。大田皇女と讚良皇女は、実の姉妹です。同じ、天武天皇に嫁ぎました。讚良皇女は、皇后となり、天武天皇が崩ぜられた後、持統天皇になります。
 ここから話を続けて行きます。草壁皇子と大津皇子の間で、天武天皇の後継者争いが起きました。どちらを跡継ぎにするか、もめる訳ですね。結論から言うと、天武天皇が崩ぜられた後、大津皇子は、謀反の疑いで処刑されます。大津皇子が亡くなり、草壁皇子が即位するはずだったのですが、草壁皇子は、その後、大津皇子を追う様に亡くなってしまいます。
 なぜ、大津皇子が処刑されなければならなかったのかと言うと、讚良皇女は、自分の息子である草壁皇子を後継者にしたかったので、大津皇子が後継者になっては困る訳ですね。ですので、大津皇子に、無実の罪、謀反の疑いを掛けた訳です。私は、大津皇子の処刑は讚良皇女の意向と考えます。もちろん、実際に大津皇子が謀反を計画したと言う説もあります。
 大津皇子の姉である大伯皇女は、伊勢の斎宮(いつきのみや)をしていました。大津皇子は、処刑される前、ひそかに大伯皇女に会いに行っていた事が、万葉集によって伝えられています。万葉集を読んでいきます。巻ニ。
大津皇子、忍んで伊勢神宮に参られて、都へ戻られる時、姉君、大伯皇女の作られた御歌   
105 吾が兄子(せこ)を大和へやると、さ夜更けて、暁露(あかときつゆ)にわが立ち濡れし
(大事のあなたを、大和へ立たすというので、夜更けてから外へ出て、明方近い露の為に、立っていて濡れたことだ。 )  
106 二人行けど、行き過ぎ難き阿騎(あき)山を、いかにか、君が一人越えなむ
(あなたが大和へ帰る途中にある、あの阿騎山は、わたしも知っている。二人連れて歩いて居ても、寂しくて通りにくい所であった。それに如何して、あなたが独りで、越えてお行きなさるだらう。)  
 大伯皇女は、大津皇子が処刑された事を聞き、悲しみます。大伯皇女は、伊勢の斎宮の役目を終えられ、都に戻ります。その時、大伯皇女が詠んだ歌が、万葉集に伝えられています。万葉集を読んでいきます。
大津皇子、薨(こう)ぜられて後、大伯皇女、伊勢の斎宮(いつきのみや)から、都へ上られた時の御歌  
163 かむかぜの伊勢の国にもあらましを。何しか来けむ。君もあらなくに
(こんなことなら、伊勢の国に居たはずだのに、どうして来たのであらう。壊しい弟の君も居られないのに。 )  
164 見まく欲(ほ)り我がする君もあらなくに、何しか来けむ。馬疲るゝに
(折角逢おうと思うてやって来た方も、御いででないのにどうして、わざわざ馬が疲れるのにやって来たのであらう。 )  
大津皇子の亡骸(なきがら)を、葛城の二上山(ふたかみやま)に移葬し奉った時、大伯皇女の御歌。二首   
165 うつせみの人なる我や、明日よりは、二上山を阿弟(いろせ)と我が見む
(肉体を持つた人間である私として、大事の弟を葬った山だから、明日からは、二上山をば兄弟と見ねばならぬのだらうか。)  
166 石(いそ)の上に生ふる馬酔木(あしび)を手折らめど、見すべき君がありと云はなくに
(岩の辺に生えて居る馬酔木を折っても見ようが、しかし見せたいと思う方は、生きていると言うではなし、詰らぬことだ。 )  
 ここからは、私の意見と感想を述べていきます。大津皇子の処刑は、悲劇的な事です。なぜなら、讚良皇女(持統天皇)の自分の息子、草壁皇子を天皇の跡継ぎにしたいと思う、身勝手な思いから、大津皇子は処刑されてしまったからです。大津皇子は、皇后の権力の前に、敗れ去った訳です。大伯皇女は、弟が亡くなり、悲しみも、ひとしおだと思います。大伯皇女が、万葉集に残した短歌、6首は、全て弟の大津皇子を哀れんだものです。それ以外の短歌は、詠んでいません。そこに、魅力を感じます。大伯皇女は、伊勢の斎宮として神に仕えていながら、悲しい出来事を経験したからこそ、魅力的だと思います。貴方は、どう思いますか。教えて頂けたら幸いです。ここまで読んで下さいまして、ありがとうございました。
 出典 折口信夫訳 口訳万葉集
スポンサーサイト