FC2ブログ

秋好中宮について話します。

秋好中宮
 今回は、源氏物語の姫宮、秋好中宮(あきこのむちゅうぐう)について話します。よろしくお願いします。秋好中宮とは、どう言う人物なのかを説明します。秋好中宮は、六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)と、前春宮(さきのとうぐう)の間に生まれた娘です。春宮は、今で言う皇太子です。春宮は、すでに亡くなっています。ですので、前春宮になります。秋好中宮は、以前、斎宮でした。斎宮は、皇族で未婚の女性がなる伊勢の神に仕えるお役目です。斎宮は、6年間の役目を終えられ、京に戻ります。六条御息所は、自分の命がいつ終わるとも分からない状態になります。六条御息所は、我娘である前斎宮を、源氏に養子として扱って欲しいと頼みます。源氏は、それを承諾します。六条御息所は、7、8日後に亡くなります。前斎宮は、源氏の働きにより、冷泉帝に入内(じゅだい、結婚)して、斎宮女御になります。斎宮女御は、絵を描く事が得意です。冷泉帝は、絵にとても興味があり、斎宮女御をとても気に入ります。
 斎宮女御は、後に秋好中宮と呼ばれる様になります。そのエピソードについて話します。そのエピソードは、薄雲の帖にあります。この絵の、奥の女性が斎宮女御、手前の男性が源氏です。六条御息所は、娘の事を源氏に頼むと言った訳ですが、「ましてや、ご寵愛の人のようになるにつけても、つまらない嫉妬心が起こり、他の女の人からも憎まれたりなさいましょう。嫌な気のまわしようですが、けっして、そのような色めいたことはお考えくださいますな。」(澪標の帖)と言った訳ですよ。ですけれど、源氏は、その事は言う事を聞かなかった訳ですね。源氏は、斎宮女御に対して、「このように帰って来て、朝廷のご後見致します喜びなどは、それほど心に深く思いませんが、このような好色めいた心は、鎮めがたくばかりおりますが、並々ならぬ我慢を重ねたご後見とは、ご存知でいらっしゃいましょうか。せめて同情するとだけでもおっしゃっていただけなければ、どんなにか張り合いのないことでしょう。」と言って自分の恋心を仄(ほの)めかし、男女の仲として付き合おうとします。当然、斎宮女御は、入内して、天皇の妻なので、そう言う事は出来ない訳ですよ。だから、斎宮女御は、源氏の事を浅ましく思い、この様に明らさまに嫌な顔をしている訳です。斎宮女御は、源氏の男女の仲として付き合おうとする事に対して、基本的に無視をする訳ですね。源氏は、このままでは斎宮女御が何も言わないからと言う事で、「狭い邸の中だけでも、その季節の情趣が分かる程度に、春の花の木を一面に植え、秋の草をも移植して、つまらない野辺の虫たちを棲ませて、皆様にも御覧に入れようと存じておりますが、どちらをお好きでしょうか。」と言って話題を変えます。斎宮女御は、「まして、どうして優劣を弁(わきま)えることができましょうか。おっしゃるとおり、どちらも素晴らしいですが、いつとても恋しくないことはない中で、不思議にと聞いた秋の夕べが、はかなく(母が)お亡くなりになった露の縁につけて、自然と好ましく存じられます。」と答えます。この事から、斎宮女御は、後に秋好中宮と呼ばれる様になります。源氏物語の中には、数多くの女性が登場しますが、源氏に対して、全く好意を持たない女性は、敵役の大后、弘徽殿女御を除けば、秋好中宮と、夕顔付きの女房、右近の君の二人だけです。源氏を憎んでいる理由は、二人とも同じで、秋好中宮にとって母親、右近の君とって主(あるじ)の夕顔が亡くなった原因は、源氏にあると考えていたからです。源氏物語の中で、源氏は、基本的に女性であれば皆、源氏の事を好きになると言う、そう言う性質を持っていますが、秋好中宮には通用しない訳ですね。そこに、魅力を感じます。源氏の、春と秋、どっちが好きですかと言う問いに対して、秋が好きだと答えた事から、この女性は、秋好中宮と呼ばれます。秋が好きな理由は、母が亡くなったのが秋だから。四季の中で、どれが一番好きですかと言う問いに対して、それに対して答える事は、よくある、たわいのない話なんですが、源氏物語にも似た話はある訳ですね。そこが、魅力的だと思います。貴方は、秋好中宮に対してどう思いますか。教えて頂けたら幸いです。
 ここからは、たわいのない話をします。折角、秋好中宮の話をしているので、この話をさせて下さい。私は、四季の中で、どれが一番好きかと言うと、冬が一番好きです。理由は、気温が低くて、私にとって、過ごし易いからです。今は、羽が入ったダウンジャケットがあるので、それを着ていれば寒くない訳ですね。昔は、ダウンジャケットが無かったので、冬はあまり好きではなかったのですが。冬ならば、どこにでも旅行に行ける気がします。また、冬は、空気が澄んでいて、空が高いのが良いと思います。貴方は、四季の中で、どれが一番好きですか。よければ、理由も教えて頂けたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。
出典 渋谷栄一 源氏物語
スポンサーサイト



テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学