FC2ブログ

朧月夜について話します。

朧月夜
 今回は、源氏物語の朧月夜(おぼろづきよ)について話します。よろしくお願いします。朧月夜は、右大臣(みぎのおとど)の娘です。六の君、つまり、六番目に生まれた娘です。源氏は、左大臣(ひだりのおとど)の娘婿です。左大臣と右大臣は、互いに政権を争う、政敵の関係です。ですので、左大臣と右大臣は、非常に仲が悪い訳ですね。源氏は左大臣の娘婿で、朧月夜は右大臣の娘で、お互いに親が政敵の関係の子供と言う事になる訳です。ですから、源氏と朧月夜の恋愛は、面白い訳ですよ。
 ここからは、朧月夜の初登場の帖である、「花宴(はなのえん)」の粗筋を言っていきます。源氏は、内裏で、夜遅くまで宴に参加していました。源氏は、宴が終わった後、弘徽殿(こきでん)に行くと、ある一人の女性が、独り言を言っていました。その独り言とは、「朧月夜に似るものぞなき」。そう言う歌を詠っていました。この歌を詠った人物が、まさしく朧月夜と言うヒロインそのものな訳ですね。朧月夜の名の由来は、この一番最初に発した言葉、「朧月夜に似るものぞなき」が、元になっている訳です。源氏は、拒む朧月夜に対して、強引に性的な関係を結びます。朝になって、源氏と朧月夜は、互いに扇を交換して別れます。その後、右大臣邸で桜の季節の後の藤の花をめでる宴をやっていました。源氏は、最初、宴には行かなかったのですが、帝、自ら「行ってやるがいい。」と言われて、行く事にしました。そこで、源氏は、身分が高いので、非常に敬われいました。源氏は、宴に参加していましたが、御簾の近くで女房達が見物していました。それで、源氏は御簾の奥に入っていきます。源氏は、この中に、宴の後、一晩過ごした女性が、中に居るんじゃないかと思って探します。女性の中で探し回って、一人だけ、何も言わずに時々溜め息をついている女性が居ました。源氏はその女性に近寄っていって、手を取ります。その女性に対して、詠んだ短歌「梓弓(あずさゆみ) いるさの山に まどふかな なほ見し月の 影や見ゆると」。この短歌の意味は、「月の入るいるさの山の周辺でうろうろと迷っています。かすかに見かけた月をまた見ることができようかと。」。月が、この女性を表している訳ですね。余談ですが、源氏物語では、女性は花に例えられる事が多いです。ですけれど、ここでは、女性は、月に例えられています。それが、一つ面白いと思います。それに対して、朧月夜の返歌。「心いる 方(かた)なりませば 弓張(ゆみはり)の 月なき空に、迷はましやは」。この短歌の意味は、「本当に深くご執心でいらっしゃれば、たとえ月が出ていなくても迷うことがありましょうか。」それで、源氏は、以前一晩過ごした女性を、ぴったり当てる事が出来たと言う話です。
 源氏と朧月夜が、別れる時に取り交わした扇が、シンデレラのガラスの靴のような役割を果して、源氏が朧月夜を見付ける事が出来たと言う、ロマンチックな解釈が出来ると思います。朧月夜は、父の右大臣によって、東宮(今で言う皇太子)に入内(結婚)する為に、大切に育てられていました。ですが、朧月夜と源氏が関係を持った事によって、朧月夜は、東宮に入内する事が出来なくなります。当然、処女でなければ東宮に入内することが出来ません。
 次に、「賢木(さかき)」の帖の粗筋を言ってきます。桐壺帝は譲位し、桐壺帝は桐壺院に、東宮は朱雀帝になります。源氏は、夜、弘徽殿に行きます。そこに、朧月夜が居ます。朧月夜は、尚侍の君(かんのきみ)と言う官位を賜って、朱雀帝に寵愛されていました。ですが、朧月夜は、源氏に対して、恋心を抱(いだ)いていました。弘徽殿で、源氏と朧月夜は、性的な関係を交わしていました。その後、朧月夜は、 瘧病(わらわやみ)にかかって、里に下がっていました。里に下がると言うのは、帝がいる内裏から離れて、病気になっているからと言って、実家に戻って静養する事を、里に下がると言います。そこで、また源氏と朧月夜は、性的な関係を交わしていた訳ですが、その現場を右大臣に、見付けられてしまう訳です。源氏と朧月夜の関係は、許されません。なぜかと言いますと、源氏の正妻で左大臣の娘である葵の上が亡くなった時、右大臣は、朧月夜が源氏に心を寄せている事を知っていて、朧月夜を源氏と結婚させようとしますが、源氏の方からその話を断ります。ですが、父親の右大臣に隠れて、源氏と朧月夜は、性的な関係を続けていた訳です。右大臣と、右大臣の娘の大后(おおきさき、弘徽殿女御)は、怒りました。特に、大后は、源氏に対して、激しく怒りました。源氏は、朧月夜との関係が右大臣と大后に露見した事を機に、自ら須磨で謹慎する事を決めました。粗筋は、ここまでです。
 ここからは、私が、朧月夜について、どう思っているかを述べていきます。私は、朧月夜に対する解釈は、二通りあると考えます。源氏は好色な男なんですか、朧月夜は、源氏と同属で、好色な性格をしていると言うのが一つの解釈。もう一つは、朧月夜は、お后候補として、父親の右大臣から大切に育てられていました。朧月夜は、将来は、帝の后として、優雅な生活が約束されていました。ですが、源氏と関係を持った事で、后になる道は、完全に絶たれてしまった訳ですね。朧月夜に、源氏に靡(なび)く気持ちは全く無く、源氏によって、朧月夜が后になる道が絶たれてしまったと言う、朧月夜は、源氏の一方的な被害者と言う考え方が、もう一つの解釈です。それは、どちらが正しいとか、正しくないとか、そう言う問題じゃなく、どちらを取っても、私は、いいと思います。私は、どちらかと言うと、前者の、朧月夜は、源氏と同属で、好色な性格をしていると言う解釈の方が好きです。なぜかと言うと、そっちの方が面白いからと言う単純な理由です。朧月夜は、好色で外交的であると言うイメージで、私はこの絵を描きました。源氏は、基本的にさまざまな許されざる恋愛をやってきた訳ですね。それは、空蝉の話もそうですし、藤壺中宮の話もそうなんですよ。そう言う風にして来たのは、源氏は、いわゆるアウトローな性格、つまり、人か決めた事に対して、素直に従うのは嫌いであると言う、そう言う性格をしているからと、私は考えています。源氏は、今までそう言う恋愛をしてきて、今までずっと隠し通してきたのですが、ここで、朧月夜との関係を持った事が露見してしまったと言うのは、源氏にとって大きな挫折になる訳ですね。ここが、源氏物語の大きなターニングポイントになると、私は考えています。源氏は、須磨で明石の君と出会う訳ですが、朧月夜が、その切っ掛けを与えた訳です。この一件で、源氏と朧月夜、双方の人生は大きく狂う事になります。だからこそ、源氏物語は、面白く魅力的だと思います。明石の君について語りたい事は、たくさんあるのですが、それは敢えて置いておきます。皆さんは、朧月夜について、どの様に思っているでしょか。よければ、教えていただけたら、幸いです。
 最後に、朧月夜の魅力についてまとめます。朧月夜は、源氏物語のヒロインの中でも、特別な立場に居るのが魅力的だと思います。朧月夜は、派手さ、優雅さ、そして、悲しさと、重要なものを、いくつも兼ね揃えた、とても魅力的なキャラクターだと思います。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。
出典 本文 与謝野晶子 源氏物語
   短歌の意味 渋谷栄一 源氏物語

続きを読む »

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

髭黒大将の北の方について話します。

髭黒大将の北の方
 今回は、髭黒大将(ひげくろのたいしょう)の北の方について話します。この絵の、奥の女性が、髭黒大将の北の方で、手前の男性が髭黒大将です。髭黒大将の北の方は、髭黒大将の正妻(北の方)です。ここからは、髭黒大将の北の方を、「北の方」と呼んでいきます。北の方は、物の怪に取り憑かれていて、気を煩っていました。髭黒大将は、新しい妻を迎えました。それが、玉鬘(たまかずら)です。当時は一夫多妻制なので、髭黒大将の行為は、特に問題ないのですが、北の方は、当然、面白くない訳ですね。ある日、髭黒大将は、玉鬘の所に行きたかったのですが、雪が降っていて、北の方を不憫がって、行くのをためらっていました。しかし、北の方は、髭黒大将に、「家においでになっても、お心だけは外へ行っていては私も苦しゅうございます。よそにいらっしってもこちらのことを思いやっていてさえくだされば私の氷(こお)った涙も解けるでしょう」と言って、自ら、髭黒大将に玉鬘の所に行く様に促(うなが)します。北の方は、髭黒大将の装束に、香炉で香をたきしめ、髭黒大将が出掛ける準備を始めました。ところが、髭黒大将が、装束を着て、いざ出掛けようとすると、北の方は、香炉を髭黒大将に投げつけます。香炉は、衣に匂いを付ける物ですが、香炉自体は、もの凄い匂いがする為、髭黒大将は、出掛ける事が出来ません。髭黒大将は、僧を呼び、北の方の加持祈祷をさせ、その日、出掛ける事を諦めました。
 ここからは、私が、この話を読んで、どう思ったかを述べていきます。北の方は、ヤンデレだと思います。北の方の目は、わざと光を入れていません。そう言う風に描きました。北の方は、紫の上(若紫)の異母姉です。ですので、わざと幼く描きました。北の方が髭黒大将に香炉を投げつけた理由は、北の方が何も話さない為に分かりません。理由は、大きく分けて3つ考えられます。1つ目は、北の方の意志ではなく、北の方に取り憑いた物の怪が、北の方にさせたから。2つ目は、北の方は、単純に髭黒大将が憎かったから。3つ目は、北の方は、髭黒大将を愛していて、髭黒大将を玉鬘の所に行かせたくない、ここに居て欲しいと思ったから、とっさに香炉を投げつけたんだと思います。北の方の行動は、明らかに矛盾しています。さっきまで、髭黒大将が出掛ける準備をしていたので。口では、髭黒大将に玉鬘の所に行く様に言っておきながら、本心は、髭黒大将が玉鬘の所に行って欲しくなかったのだと思います。私は、北の方が髭黒大将に香炉を投げつけたのは、この3つ目の理由だと思います。ヤンデレとは、相手が憎いから、相手に危害を加える訳じゃないのですね。相手を愛しているからこそ、そう言う事をする訳ですね。貴方は、北の方が髭黒大将に香炉を投げつけた理由は、この3つの理由の内で、どれだと思いますか。他にも理由があると言う方は、ぜひ、その理由を教えてください。
 最後に、私が髭黒大将の北の方について、どう思うかまとめます。髭黒大将の北の方は、明らかにヤンデレだと思います。平安時代に、すでに、そう言う話があるのが面白いと思います。貴方は、髭黒大将の北の方について、どう思いますか。教えて頂けたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。
出典 与謝野晶子 源氏物語

続きを読む »

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

「幻」の帖について話します。

幻
 今回は、「幻」の帖について話します。よろしくお願いします。この話は、光源氏(以下「源氏」と表記)の物語の実質的な最後の帖です。ですので、非常に悲しい雰囲気に包まれているのが、いいと思いますね。それは、源氏が最も愛した、紫の上が亡くなってしまったからです。源氏は、基本的に、好色な男なので、非常に意気旺盛なのですが、まるで勢いを失ったかの様に、寂しさに暮れている訳です。
 こう言う悲しい雰囲気なんですが、ここで一つ心温まる様なエピソードがありますので紹介します。この絵の男の子は、匂宮(におうのみや)です。匂宮は、今上帝(物語で四番目に即位する帝)と明石中宮の間に生まれた御子です。亡くなった紫の上は、生前に匂宮に対して、「あなたが大人におなりになったら、ここへお住みになって、この対の前の紅梅と桜とは花の時分に十分愛しておながめなさいね。時々はまた仏様へもお供えになってね。」と言っていました。(「御法」の帖)。紫の上が亡くなった後、匂宮は、桜の木を訪ねに来ます。匂宮は、「私の桜がとうとう咲いた。いつまでも散らしたくないな。木のまわりに几帳を立てて、切れを垂れておいたら風も寄って来ないだろうと思う」と言います。几帳とは、私が描いた絵の、左側の幕の様なものです。
 ここからは、この話の解説と、私がこの話を読んでどう思ったかを述べていきます。平安時代の高貴な女性は、みだりに異性に顔を見せてはならないとされていました。男と女が話をする時は、几帳や御簾で物越しに話していました。その几帳を、桜の木の周りに並べて置いておこうと言う風に、匂宮は言う訳ですね。ここで面白いのは、本来几帳と言うのは、さっき申した様に、相手の顔を見て話をするのではなく、隔てとして立たせておく物なんですけど、それを本来の目的に使うのではなくて、桜の木の花が散ってしまわない様に、風を避ける為に、几帳を周りに置こうと言っている訳ですね。それが、子供らしい発想で、いいと思います。何で、そう思うかと言うと、本来と違う目的で、こう言う風に几帳を使おうと言うのは、子供ならではの発想ですよ。大人でしたら、常識にとらわれてしまって、そう言う発想は出てきません。ですけど、自由な発想で几帳を木の周りに並べておこうと、そう言う風に言うのは、微笑(ほほえ)ましい話で良いと思います。
 この話と似た様な話が存在します。それは、亡くなった紫の上自身が、十歳の頃の話で、若紫と呼ばれていた時の話です。若紫は、「雀の子を犬君(いぬき)が逃がしてしまいましたの、伏籠(ふせご)の中に置いて逃げないようにしてあったのに。」と言います。(「若紫」の帖)。若紫は、伏籠の中に、雀を閉じ込めて飼っていました。伏籠は、本来そう言う事する為のものではない訳ですね。伏籠は、香炉を炊いて上にかぶせ、その上に衣を掛けて、衣に匂いを移す為のものです。紫の上と匂宮は、源氏の妻と孫で繋がりがあるのですが、似た様な事をやっているのが、面白いと思います。
 最後に、「幻」の帖の魅力についてまとめます。特に、源氏の最愛の妻の紫の上が亡くなったと言う悲しい雰囲気がいいと思います。特に、源氏物語の中で、このシーンは、美しいと思います。その中で、匂宮の、桜の花が散らない様に、几帳を桜の木の周りに置こうと言う、子供らしい発想が、この悲しい雰囲気を和(なご)ませていいと思います。貴方は、この話をどう思いますか。教えていただけたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。
出典 与謝野晶子 源氏物語

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

若紫と犬君(いぬき)について話します。

若紫と犬君
 今回は、若紫と犬君について話していきます。よろしくお願いします。この絵について説明します。このシーンは、紅葉賀(もみじのが)の帖のシーンです。左の女の子が若紫、右の女の子が犬君です。見えませんが、手前に源氏が居ます。この絵は、源氏の視点で描きました。
 まず、粗筋を言っていきます。正月、源氏は、自宅の二条院の西の対に行って、「今日からは、もう大人になりましたか。」と、若紫に声を掛けます。すると、若紫は、「儺追(なやら)いをするといって犬君がこれをこわしましたから、私よくしていますの。」と言います。儺追いとは、大晦日戌の刻(午後8時頃)に行われた宮中年中行事の一つで、大声を挙げ、振り鼓を鳴らして見えない邪鬼を追い払う行事です。犬君は、それに乗じて、若紫の雛遊びの道具を壊してしまった訳です。それに対して、源氏は、「ほんとうにそそっかしい人ですね。すぐ直させてあげますよ。今日は縁起を祝う日ですからね、泣いてはいけませんよ。」と言って、犬君の方を責めます。しかし、若紫の乳母の少納言の君は、「もう今年からは少し大人におなりあそばせよ。十歳(とお)より上の人はお雛様遊びをしてはよくないと世間では申しますのよ。あなた様はもう良人(おっと)がいらっしゃる方なんですから、奥様らしく静かにしていらっしゃらなくてはなりません。髪をお梳(す)きするのもおうるさがりになるようなことではね。」と言って、若紫の方を責めます。粗筋は、ここまでです。
 次に、私が、この話を読んでどう思ったのかを言っていきます。このシーンは、正月なので、おめでたい雰囲気がいいと思います。この話は、犬君が、若紫の雛遊びの道具を壊してしまうので、一見、犬君が悪い様に思えます。実際に、源氏は、「ほんとうにそそっかしい人ですね。」と、犬君を責めています。しかし、少納言の君は、「十歳(とお)より上の人はお雛様遊びをしてはよくないと世間では申しますのよ。」と、若紫を責めています。少納言の君の主張では、若紫が十歳になっても雛遊びを止(や)めない方が悪い事になり、犬君が雛遊びの道具を壊す事は、むしろ正しい行為になります。この話は、若紫と犬君、どっちが正しくて、どっちが悪いかと言う話です。どちらとも取れる訳ですね。そこが面白いと思います。私は、さすがに、犬君の方が、雛遊びの道具を壊してしまったので、悪いと思います。貴方は、どう思いますか。教えていただけたら幸いです。
 似た様な話は、もう一つあります。それは、「若紫」の帖、小柴垣のもとの話です。むしろ、こっちの話の方が有名だと思います。若紫が、まだ北山に居た頃の話です。若紫は、伏籠(ふせご)の中に雀を飼っていたのですが、犬君が、雀を逃がしてしまいます。そこで若紫は、少納言の君に「雀の子を犬君が逃がしてしまいましたの、伏籠の中に置いて逃げないようにしてあったのに。」と言います。少納言の君は、「またいつもの粗相(そそう)やさんがそんなことをしてお嬢様にしかられるのですね、困った人ですね。雀はどちらのほうへ参りました。だいぶ馴れてきてかわゆうございましたのに、外へ出ては山の鳥に見つかってどんな目にあわされますか。」と言って、犬君の方を責めます。しかし、若紫の祖母の尼君は、「あなたはまあいつまでも子供らしくて困った方ね。私の命がもう今日明日かと思われるのに、それは何とも思わないで、雀のほうが惜しいのだね。雀を籠に入れておいたりすることは仏様のお喜びにならないことだと私はいつも言っているのに。」と言って、若紫の方を責めます。
 さっきの話では、少納言の君は、若紫の方を責めていましたが、この話は、逆に犬君の方を責めているのが、面白いと思います。この話も、若紫と犬君、どっちが正しくて、どっちが悪いかと言う話です。どちらとも取れます。私は、若紫の方が、雀を閉じ込めて飼っていたので、悪いと思います。犬君の方が、雀を逃がしてやったので正しいと思います。貴方は、どう思いますか。教えていただけたら幸いです。
 最後に、私が、若紫と犬君について、どう思ったかをまとめます。この話の頃の若紫(後の紫の上)は、特に無邪気で可愛くて、とても魅力的でいいと思います。犬君は、若紫の遊び相手の女童ですが、単に身分の低い女童ではなく、若紫同様に、魅力的だと思います。理由は、今まで話した通り、犬君は、決して一方的な悪者ではないからです。小柴垣のもとの話も、この絵の話も、一見、若紫が可哀想で、犬君が乱暴者の様に思われますが、周りの大人二人の、どっちが正しくて、どっちが悪いかの判断は分かれる訳ですね。この様に、一筋縄では行かない話である所が、面白いと思います。貴方は、どう思いますか。教えていただけたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。
出典 与謝野晶子 源氏物語

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

頭中将について話します。

頭中将
 今回は、頭中将(とうのちゅうじょう)について話していきます。よろしく、お願いします。頭中将について、簡単に説明します。頭中将とは、左大臣(ひだりのおとど)の正嫡の息子になります。頭中将は、源氏の正妻の葵の上の兄になります。葵の上は、源氏より、4つ年上である事が、物語中で述べられています。頭中将は、葵の上の兄ですので、頭中将は、源氏より、少なくとも、5歳以上年上と言う事になります。源氏物語で、主人公は、源氏なのですが、頭中将は、名脇役として活躍します。頭中将は、源氏のライバルになります。で、お互い、出世を、競い合うわけですね。その点で、頭中将は、非常に素晴らしいキャラクターだと思います。頭中将に関する説明は、ざっと終わりです。ここからは、私が、頭中将について、どう思っているかを述べていきます。
 頭中将は、楽器の名手です。この絵は、頭中将が、横笛を吹いているシーンです。横笛を吹くシーンは、源氏物語では、花形のシーンであって、非常に幻想的で素晴らしいシーンだと思います。頭中将は、横笛が上手く、琴など、素晴らしい腕前を持っています。それが、頭中将の魅力であって、素晴らしいと思います。
 私のイメージの話なんですが、源氏も、頭中将も、両方ともこの物語きっての美男子だと、私は思います。ですけれど、源氏と、頭中将は、ともに美男子だと言っても、かなりタイプが違うと、私は思います。私が考える源氏のイメージは、まるで女性の様な美しさだと、思います。源氏と言うのは、非常に美しいです。源氏は、特に顔の形が非常に美しいと言う事で、それは、それで、いいんですが、私が考える頭中将のイメージは、この絵の様に非常に男らしい美男子だと思います。私は、そのイメージで、この絵を描きました。
 頭中将について、次に言える魅力としては、特に、源氏との友情関係が非常に強い点が、上げられると思います。頭中将は、源氏の義理の兄です。しかし、源氏の方が出世が早いので、年上の頭中将の方が、源氏に対して、敬意を払う事が多いわけです。ある日、源氏と、朧月夜(おぼろづきよ)との男女関係が、世間に露見します。源氏と朧月夜が付き合う事は、許されません。その理由を簡単に言うと、源氏の養父である左大臣と、朧月夜の父の右大臣(みぎのおとど)は、お互いに政治で権力を争う、政敵の関係にあるからです。もっと詳しい理由を言うと、右大臣の方から、源氏に、朧月夜を妻としてもらって欲しいと頼んだのですが、源氏は、その話を断ります。しかし、源氏は、右大臣に隠れて、こっそり、朧月夜と付き合っていました。その後、右大臣は、朧月夜を、朱雀帝の后にするつもりでした。しかし、源氏と朧月夜が、男女関係を結んでいた事が、分かった今、朧月夜を、朱雀帝の后にする事は、出来ません。当然、処女でなければ、天皇の后にする事が出来ないからです。右大臣と、その娘である弘徽殿女御(こきでんにょうご)は、源氏に対して、非常に怒りました。右大臣と、弘徽殿女御は、源氏に対して、官位を剥奪し、謀反の疑いを掛けました。源氏は、謀反の気持ちが無い事を示す為に、須磨(現在の兵庫県神戸市)へ、謹慎する事にしました。当時、源氏を慕っていた、周りの人達は、源氏と付き合う事によって、自分の位を上げる事を考えていました。しかし、源氏に謀反の疑いか掛けられ、官位も剥奪された事によって、掌を返した様に、源氏と特に親しい人達を残して、源氏から遠避かって行きました。頭中将は、この頃、三位中将(さんみのちゅうじょう)に、昇進していました。これからは、頭中将の事を、三位中将と呼んでいきます。三位中将と、頭中将は、同一人物です。三位中将は、須磨にいる源氏を訪ね、元気付けに行きました。あらかたの人物が、源氏の許(もと)から去って行く中、三位中将は、源氏を、見捨てる様な事はしませんでした。そこが、三位中将の素晴らしい所だと、私は思います。それは、まさに男と男の友情であって、三位中将は、特に、情に厚い人物だと、私は思います。
 また、頭中将に呼称を戻します。頭中将の妻は、物語の中で、正確に分かっている人物だけで四人居ます。その、四人について、一人ずつ、述べていきます。まず、正妻の四の君は、右大臣の娘です。頭中将は、左大臣の息子で、右大臣と頭中将は、政敵の間柄になるのですが、政敵の娘と、頭中将は、結婚していたわけです。それは、政治的な思惑があったと言う事で、頭中将は、あまり気が進まなかったわけですが、四の君と頭中将は、正式な、夫と妻の関係になります。頭中将と、四の君の間に、生まれた息子が、柏木ですね。正妻の四の君との間には、何人も、子供が居ます。それは、源氏と違っていて、源氏と源氏の正妻の葵の上の間には、子供が一人、息子の夕霧しか居ません。頭中将と、四の君の間には、子供がたくさん居た事から見ても、頭中将は、源氏と違って、正妻を決してないがしろには、しなかったわけですね。それも、いいと思います。
 頭中将には、正妻ではないんですが、頭中将の妻の一人として、夕顔が居ます。夕顔は、非常に性格が優しいと言う事で、非常に素晴らしいキャラクターだと、私は思います。帚木(ははきぎ)の帖で、頭中将と夕顔は、結ばれている事が、説明されています。帚木の帖では、頭中将は、夕顔の事を、単に「女」と称しています。頭中将は、女の事を、常夏(とこなつ)の花に例えて、和歌を詠んだ事から、夕顔は、「常夏の女」と称せられるのですが、混乱を避ける為、一般的な、「夕顔」と称していきます。頭中将は、「なにがしは、痴者(しれもの)の物語をせむ」(原文)と言って、夕顔の姫君について語り出します。頭中将の周りには、源氏と、左馬頭(さまのかみ)、藤式部丞(とうしきぶのじょう)が居ました。夕顔は、頭中将の、妻の一人だったのですが、正妻の四の君から、嫉妬を受けて、嫌がらせを受けていました。夕顔は、四の君の嫌がらせから逃げる為に、去って行ってしまいました。頭中将は、夕顔がどこに行ってしまったのか分からないと言う事で、非常に嘆(なげ)いていたわけですね。頭中将は、ずっと夕顔の事が頭に残っていなから、どこに行ってしまったのか分からず、心残りで気掛かりだったわけです。その事が、決着したのは、相当、後になってからの話です。頭中将は、行方不明になっていた、妻の事を、ずっと思い続けていたわけで、非常に悲しい物語だと思います。
 次に、頭中将の娘の雲居雁(くもいのかり)について話します。頭中将は、ある女性と結婚していました。その間に生まれた娘が、雲居雁です。その女性は、頭中将と離婚し、今は、按察の大納言の北の方(正妻)になっています。雲居雁は、最初、母親に引き取られていました。しかし、按察の大納言と、按察の大納言の北の方との間に、たくさん子供が生まれた為、このままでは、連れ子である雲居雁が不憫だと言う事で、父親の頭中将は、母親から、雲居雁を、引き取ったわけです。按察の大納言の北の方については、詳しい記述がないので、雲居雁について話していきます。雲居雁が年頃の娘になる頃、頭中将は、内大臣(ないだいじん)に、昇進していました。これからは、頭中将の事を、内大臣と呼んでいきます。内大臣と、頭中将は、同一人物です。内大臣は、もともと、あまり、雲居雁を大事に育てるつもりはなく、内大臣の母親である大宮に、雲居雁を預けていました。すると、しだいに、雲居雁は、非常に魅力的な女性になっていきました。そうなると、内大臣は、我娘である、雲居雁を、入内させようと考える様になります。入内させる相手は、当時の東宮で、後の今上帝です。今上帝は、現在の帝と言う意味ですが、その帝は特に名前が付けられてなく、物語中の最後の帝なので、そう呼ばれています。内大臣は、後の今上帝、今の東宮に対して、雲居雁を入内させようとしました。ですけれど、当の雲居雁は、乗り気ではなかった。と、言うのは、当の雲居雁は、源氏の息子である夕霧の事を、非常に愛していたわけですね。雲居雁は、夕霧の事を愛していたし、夕霧も、雲居雁の事を愛していました。しかし、内大臣は、いとこ同士の結婚だからと言って、その結婚は、許しませんでした。当然、夕霧と、雲居雁が、結婚してしまうと、入内させる事が出来なくなります。雲居雁と夕霧は、純愛を貫き通していましたが、雲居雁の父親である、内大臣に、間を引き裂かれていたわけです。結局、内大臣は、雲居雁を、入内させる事をあきらめて、夕霧と結婚する事を許しました。その話は、私としても、非常にいい話だなあと、思います。内大臣の方が、折れて、自ら夕霧に対して謝り、夕霧が、雲居雁と結婚する事を許しました。その事は、ある意味、非常に男らしいと、私は思います。
 最後に、内大臣の娘の近江の君について話します。近江の君は、内大臣の娘である事には、代わりないのですが、内大臣が、だいぶ前にある「女」と作った子供で、内大臣も、忘れていた位だったわけです。「女」は、頭中将の妻の一人で、近江にゆかりがある人物だと思われますが、詳しい記述がないので、近江の君について話していきます。近江の君は、基本的に、非常に速くしゃべります。当時の平安時代は、ゆっくりしゃべる事に趣があるとされていたので、近江の君のしゃべり方は、好ましく無いとされていました。近江の君は、ずっと田舎に居たので、京の習慣は、ほとんど知りませんでした。内大臣は、その事について嘆いていたわけです。この話は、内大臣がまいた種に、自ら悩まされる話で、面白いと思います。
 ここからは、また、頭中将に、呼称を戻します。皆さんは、頭中将について、どの様に思っているでしょか。よければ、教えていただけたら、幸いです。最後に、頭中将について、私は、どう思っているかをまとめます。頭中将は、やはり、この絵に描いた通り、横笛が吹く事が上手く、楽器の演奏が達人の域と言う事で、非常に魅力的だと思います。頭中将は、男らしさと、風流さを兼ね揃えた、非常に素晴らしいキャラクターだと、私は、思います。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学