葵祭に行ってきました。

 2018年5月15日に、上賀茂神社、下鴨神社で行われた、葵祭に行ってきました。その時に撮った写真を紹介していきます。よろしくお願いします。
葵祭
 この絵は、源氏物語の、『葵』の帖で葵祭の見物のシーンを絵で描きました。左下の女性が六条御息所で、右上の女性が葵の上です。まず、源氏物語の『葵』の帖、葵祭の車争いの部分を示します。(くの字点は、「/\」としました。)

(葵の上一行の車は、)日たけ行きて、儀式も、わざとならぬさまにていで給へり。隙もなう、たちわたりたるに、よそほしうひき続きて、立ちわづらふ。よき女房車多くて、雑/\の人なき隙を思ひさだめて、みな、さしのけさする中に、網代の、少しなれたるが、下簾のさまなど、よしばめるに、いたう引き入れて、ほのかなる袖口、裳の裾・汗衫など、ものゝ色、いと清らにて、殊更に、やつれたるけはひ、著(しる)く見ゆる車二つあり。
「これは、更にさやうに、さしのけなどすべき御車にもあらず」
と、口ごはくて、手触れさせず。いづかたにも、若きものども、醉(ゑ)ひ過ぎ、たち騒ぎたるほどの事は、え、したゝめあへず。おとな/\しき御前の人/\は、
「かく、な」
などいへど、えとゞめあへず。斎宮の御母御息所、「物思し乱るゝ慰めにもや」と、忍びていで給へるなりけり。つれなしづくれど、おのづから、見知りぬ。
「さばかりにては、さな言はせそ。大将殿(源氏)をぞ、豪家には思ひ聞ゆらむ」
などいふ。その御方の人も、まじれゝば、「いとほし」と見ながら、用意せむもわづらはしければ、知らず顔をつぐる。いひに、御車ども立て続けつけば、人だまひの奥に、おしやられて、物も見えず。心やましきをば、さるものにて、かゝるやつれを、それと知られぬるが、いみじく妬き事、限りなし。

(現代語訳)
日が高くなってから、作法もわざとらしくならない様に、お出かけになった。(一条の大路に物見車が)隙間もなくに立ち並んでいるので、(葵の上の一行は、)装い美しく車を連ねたまま、立ち往生していた。すでに立派な女房車がたくさん出ているので、その中で、お供の下人たちのいないあたりに思い定め、その辺りの他の車を皆立ちのかせようとする中に、少し古びた網代車の、下簾の様子などもいかにも由緒ありげで、(主人(ここでは六条の御息所)は、)車のずっと奥に身をひそめて、下簾からほのかにのぞいている(女房の)袖口や裳の裾、(女童の)汗衫などの色合いも上品に清楚で、つとめて人目をさけたお忍びの様子がありありとうかがえる車が二つあった。(その車の従者が)
「これは、さらにそんな風に押しのけられるべきお車ではないぞ」
と、強く言い張って、車に手も触れさせない。どちらの側でも、お供の若者たちが(祝い酒に)酔いすぎていて、騒ぎ立てている事には、(誰も)したためる事が出来ない。年嵩の前駆の者たちは、
「そんなことをするな」
など、言ってはいるが、とても、止(と)める事が出来ない。斎宮の御母(六条の)御息所が「(源氏が訪れず)物思いに悩み乱れる(心も憂さの)慰めにも」と、お忍びでお出かけになられていた。(御息所の方は、身分が知られぬよう)わざとさりげないふうを装っていたが、(皆、)自然と分かってしまうのだった。(葵の上の従者は、)
「その程度のに、つべこべ言わせるな。(源氏の)大将殿の御威光を笠に着ているのだろう」
(葵の上の方には、)その御方(源氏)の供の者もまじっていたが、「お気の毒に」と思いながらも、口出しするのも煩わしいので、知らぬ顔を作っている。とうとう、そこに(葵の上方の)車どもが乗り入れてしまったので、(葵の上方の)女房どもの車の後ろの奥に (六条の御息所の車は)押しやられて、物も見えない。(六条の御息所は、)悔しのはもっともだが、こうしたお忍び姿を、自分だと見明かされてしまった事が、何とも恨めしくて仕方がなかった。(現代語訳は、ここまです)

 六条御息所の車は、先に葵祭の見物の為に場所取りをしていましたが、後から来た葵の上の車に場所を取られてしまいます。六条御息所は、悔しがっていますが、葵の上は、どう思ったか書かれていないので私の想像で描きました。葵の上は、恐らく従者が勝手な事をして青ざめていたのではないでしょうか。葵の上は、この後、どうなってしまったのか…、それは、書くのは辞めときましょう。(もちろん、これが直接的な原因とは、考えてはいませんが…。)
 葵祭の説明ですが、行列に参加する全ての人が、葵の葉を身に付けている事から、葵祭と呼ばれています。古代、単に祭りと言えば、この葵祭を指します。この辺の説明は、このブログを読んでいる人には全く必要ないですね。葵祭は、上賀茂神社、下鴨神社の例大祭で、今も続いています。未婚の皇女が賀茂神社に奉仕する斎院の制度は無くなりました。斎院の代わりに、京都にゆかりのある女性が斎王代(さいおうだい)を務めます。ここから、写真を紹介していきます。
IMG_2332.jpg
 この写真は、京都御所で撮ったものです。行列が、京都御所から下鴨神社へ向かう様子です。この男性は、勅使です。在原業平が、伊勢神宮の勅使として同じ格好をしているので、お馴染みだと思います。男性は、基本的に頭に葵の葉を付けています。
IMG_2333.jpg
 牛車です。貴人が乗っています。藤の花で飾られています。私は、初めて牛車を見ましたが、想像以上に大きく、ギイギイ車輪の軋(きし)む音が鳴り響いていて、迫力があり感動しました。
IMG_2350.jpg
 この祭りの中心である斎王代です。手車に乗っています。斎王代以外の女性は、略式の袿を着ていますが、斎王代だけは、十二単を着ています。なかなか、実際に十二単を見る機会は、ほとんどないと思います。私は、実際に見れて、かなり感動しました。IMG_2354.jpg
 斎王代の前後には、多くの女官、女童が付いて従います。女性は、基本的に胸に葵の葉を付けます。
IMG_2369.jpg
 京都御所から下鴨神社社へは、一般道を移動します。沿道では、大勢の観光客が写真を撮っていました。
IMG_2383.jpg
 下鴨神社に着きました。検非違使が警護する中で、神事が行われています。写真の紹介は、ここまでです。私は、上賀茂神社まで行く事が出来ませんでしたが、初めて葵祭を見る事が出来て良かったです。葵祭は京都で今も続く最も古い『祭』なので、私は実際に見る事が出来て凄く感動しました。行って良かったと思います。ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

姨捨山の話をします。

大和物語、姨捨_
 今回は、大和物語、百五十六段、姨捨の話をします。よろしくお願いします。まず、粗筋を言っていきます。信濃の更級に、若い夫婦と伯母(親の姉)が住んでいました。親は、すでに亡くなっていて、伯母を親のように世話をしていました。妻は、腰がひどく曲がった(絵は、そのように描いてませんが)姑を憎んでいて、夫に姑の事を悪く言い、山に捨て来るよう責めたてます。しかたがなく、夜、夫は、伯母に寺で尊い法会があるからと嘘を言い、伯母を背負って連れ出します。夫は、山の頂上に伯母を下ろして逃げます。伯母は、「これこれ」と甥を呼び止めるのですが、甥は答えず家に戻ってきます。男は、山の上の月が照り輝くのを見て悲しくなり、寝る事も出来ません。男が詠んだ歌
わが心なぐさめかねつさらしなやをばすて山に照る月を見て
(わたくしの心を慰めることはできないのだ。更科のおば捨て山に照る月を見ていると)
男は、また山に登り伯母を伯母を連れ戻ります。それから後、この山を姨捨山と言う様になりました。「慰めがたい」時、姨捨を引用するのは、この出来事からです。粗筋は、以上です。ここからは、私の読んだ感想を言っていきます。
 私は、とても感動する話だと思います。男は、伯母を山に置いて逃げてきた後、悲しみに暮れますが、とても悲愴であり、素晴らしいと思います。男は、月を見て、伯母も同じ月見てるのだろうか、そんな事を考えていたのだと思います。
 姨捨伝説は、複数存在しますが、いずれも伯母を連れ戻っています。世間では、姨捨山は本当に年寄りを捨てる場所だと理解している人が多いですが、伯母を連れ戻す所までが姨捨の話であって大切な所が抜けている気がします。
 源氏物語でも、宇治十帖の宿木で姨捨山が引用されています。それは、中の君が、匂宮の邸に連れてこられていて、自らの境遇を嘆く場面です。それも良いと思います。貴方は、この話を読んでどう思いますか。教えて頂けたら幸いです。
 2017年8月15日から16日に、長野県姨捨に旅行に行きました。ここからは、その時の旅行のレポートを書いていきます。
IMG_0413.jpg
 私は、静岡の富士市に住んでいます。富士~(身延線)~甲府~(中央本線)~塩尻~(篠ノ井線)~姨捨の行程で電車で行きました。
IMG_0414.jpg
 説明するまでもないかもしれませんが、姨捨駅はスイッチバックになっていて、鉄道ファンに人気の駅です。私もここに来る事が出来て、感動しました。
IMG_0416.jpg
 姨捨は、棚田で有名で駅のホームの椅子は、棚田に向いています。
IMG_0459.jpg
 実際に棚田の方に行きました。約1500枚の棚田があります。さすが日本一の棚田と呼ばれるだけあり、素晴らしい景色でした。
IMG_0445.jpg
 この山が、姨捨山です。現在は、冠着山(かむりきやま)と呼ばれています。実際に姨捨山を見てみて、こんな所に、伯母は、置き去りにされたのかと思い感動しました。
IMG_0484.jpg
 再び、姨捨駅に戻ってきました。姨捨駅は、夜景が美しい事でも有名です。姨捨駅は、山の中腹にあり、千曲市、長野市を一望できます。とても、感動する夜景でした。この写真は、長野市の方を撮ったものです。なかなか、写真や文章で、この感動を表現する事は出来ないのですが、いつまでも見ていたい夜景でした。レポートは、以上です。ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

大和物語、百三十四段「あはぬ夜も」の話をします。

大和物語、あはぬ夜も
 まず、原文と、現代語訳を示します。
百三十四 あはぬ夜も
先帝の御時に、ある御曹司に、きたなげなき童ありけり。帝御覧じて、みそかに召してけり。これを人にも知らせたまはで、時々召しけり。さて、のたまわせける。
あかでのみ経ればなるべしあわぬ夜もあふ夜も人をあはれとぞ思ふ
とのたまはせけるを、童の心地にも、かぎりなくあはれにおぼえければ、しのびあへで友だちに、「さなむのたまひし」と語りければ、この主なる御息所聞きて、追ひいでたまひけるものか、いみじう。
(現代語訳)
先帝(醍醐天皇)の御時に、ある御局に、綺麗な女の子が居た。帝が御覧になって、ひそかにお召しになった。この事を人にもお教えなさらず、時々お召しになった。そして、帝が仰(おお)せになった。
(短歌)ゆっくり逢う事が出来ず、飽き足らない気持ちでばかり過ごしているからだろう。逢わない夜も、逢う夜も、君の事をしみじみと可愛いと思っている。
と仰せになったのを、少女の心にも、限りなく嬉しく思ったので、隠しきれず友達に「帝が、この様におっしゃったのよ」と話したので、この女の子の主人の御息所が聞いて、追い出しなさったのだった。酷い事に。
 この話は、帝がひそかに少女に逢う話で、なかなか面白いと思います。ただ、少女の友達が、この事を主人である御息所(天皇の妻)に話してしまったばかりに、少女は可哀想な事に追い出されてしまいます。これはこれで面白いんですが、ただ、あまりにも酷すぎる気がします。御息所の反応は、帝の妻である自分を差し置いて、帝が少女と逢ってるんですから、当然の反応だと思います。少女の友達に悪意はなかったと思いますが、私は、少女の友達は軽々しく話しすぎる気がします。この話の真偽は分かりませんが、いずれにしても、魅力的な話ではないでしょうか。ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。

明石の上について話します。

明石の上
 今回は、源氏物語の明石の上について話します。よろしくお願いします。明石の上について説明します。明石の上は、前播磨守(さきのはりまのかみ)の明石の入道の一人娘です。光源氏(以下、源氏と表記)は、右大臣の娘、朧月夜と、密かに男女の関係を続けていましたが、ある日、その事が、右大臣と弘徽殿女御、大后に露見してしまいます。源氏は、これを機に、自ら須磨で謹慎する事を決めました。源氏は、須磨から明石に行き、そこで明石の君と出会い、結婚して、明石の君は明石の上になります。明石の上は、娘、明石の姫君を出産します。明石の姫君は、天皇の妻になります。粗筋は、ここまでです。
 ここから、私が、明石の上について思う事を述べていきます。明石の上は、とても大人しくて、控え目でいいと思います。また、明石の上の特長として、達筆である事、琴、琵琶の演奏が非常に上手である事が挙げられます。明石の上は、何でも人並み以上にこなします。それがいいと思います。
 明石の上は、源氏との子、明石の姫君を出産しました。明石の上は、自分の娘である明石の姫君と、ほとんど話もしなかったですし、躾にも参加しなかったし、育児も参加しませんでした。それは、なぜかと言うと、明石の上の娘の明石の姫君を、後の天皇の妻にする為には、明石の上では非常に身分が低いと言う事で、でしたら皇族である紫の上に、明石の姫君を育てさせた方が、姫君の出世の為にはいいと源氏は思って、その事に対して、明石の上は同意をする訳なんですよ。明石の上は、娘の出世の為、さらには源氏の出世の為に、自分と自分の娘である明石の姫君との絆を犠牲にした訳なんですね。私は、それが明石の上の魅力だと思います。
 私は、最初に源氏物語を読んだ時、明石の上は、源氏からも大切にされて、その上、自分の娘が天皇の妻になったので、一点の不満もない非常に幸せな人物であると言う解釈をしていました。だから、私は、明石の上に対して、あまり魅力を感じていませんでした。私は、明石の上が自分の娘との絆を犠牲にして耐え忍んでいる事に全く気付いていませんでした。明石の上は、源氏に対して不満を言う事がないので、私は気付かなかった訳です。私が、その事に気付いたのは、源氏物語の人物の中で明石の上が一番好きだと言う方に、その事を教えてもらったからです。私は、今まで、あまり魅力を感じていなかった明石の上が、途端に魅力的に感じる様になりました。
 貴方は、明石の上について、どの様に思っていますか。良ければ、教えて頂けたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。

明石の上、紫の上、女三の宮について話します。

女楽
 今回は、明石の上、紫の上、女三の宮について話します。よろしくお願いします。この絵は、若菜、下の帖、六条院で、女楽をする場面です。左の女性は、明石の上。真ん中の女性は、紫の上。右の女性は、女三の宮です。明石の上は、琵琶を弾いています。紫の上は、和琴(わごん)を弾いています。女三の宮は、琴(きん)を弾いています。三人とも、光源氏(以下、源氏と表記)の妻です。正妻は、女三の宮になります。
 ここから、私が、思う事を述べていきます。私のイメージでは、明石の上は、とても大人しい性格をしていると思います。それでいて、控え目で、私はいいと思います。紫の上は、女性らしくて、とても性格が明るい訳ですね。子供の頃から、源氏の近くにいて、妻になってからも、ずっと源氏の近くにいると言う事で、源氏の寵愛が厚い訳ですね。それが、いいと思います。女三の宮は、この中では一番若いですね。女三の宮は、朱雀院の娘です。女三の宮は、14歳の時に源氏に降嫁、この女楽の時で21歳です。女三の宮は、人見知りをする性格で、あまり自ら心を開いて話す事をしない人物です。女三の宮は、猫を飼っていて、可愛がっています。女三の宮は、あまり人と話したがらない性格をしていて、あまり周りの女房とも話したがりません。ですけれど、猫に対してだけは心を開いて話す様な性格をしているのではないかなと、私は思います。私は、それが女三の宮の魅力だと思います。
 この3人の中で、明石の上が、一番、楽器が上手いと思います。なぜなら、明石の上の父親の明石入道は、琵琶の達人な訳ですね。父親の手ほどきを受けた明石の上は、当然、琵琶の達人です。それが、いいと思います。紫の上も楽器の演奏は、上手いです。なぜなら、紫の上は、源氏の手ほどきを受けているからです。源氏は、絵が特に上手いです。源氏は、天才なので、楽器も上手い訳ですけれど、楽器の達人と言えば、致仕大臣(ちじのおとど、元の頭中将)と明石入道です。ですので、源氏は、楽器の演奏に関しては、致仕大臣と明石入道に劣っていると思います。紫の上は、ある程度、楽器を上手く弾けますが、達人の域では無いと思います。女三の宮は、源氏の正妻になってから6年が経っていました。女三の宮は、今まで源氏から琴(きん)を教わっていましたが、さほど上手には弾けませんでした。源氏は、この女楽の日の為に女三の宮に熱心に琴を教え、女三の宮は、女楽の日に琴を上手に弾く事が出来ました。それが、良かったと思います。
 ここには、描いてないですが、明石の上の娘の明石女御も、筝(そう)で演奏に加わっていいます。また、源氏の息子の夕霧も拍子木で演奏に加わっています。若菜、下の帖の女楽の場面は、源氏物語の中でのクライマックスの一つだと、私は思います。なぜなら、源氏物語の主な登場人物が一同に集まって、これほどの大きな雅楽の演奏をするからです。私は、女楽の場面に、とても魅力を感じています。貴方は、どう思いますか。教えて頂けたら幸いです。ここまで、読んで下さいまして、ありがとうございました。